瞑想スタジオ「そわか」

ホーム瞑想スタジオ「そわか」

臨機応変な“studio”であれ

この「そわか」という瞑想スタジオは、あえて特定の場所・空間(スペース)を持ちません。何かしらの組織、企業、教団などに属するということもありません。

ただ一心。ご縁を頂くままに、自ら“信じるもの”をまっすぐ説き伝え、皆さんにもそれぞれの人生を嬉(たの)しんで頂く。それさえ叶えば、十分だからです。

スタジオ(studio)とは「道場」。本来、道を学ぼう(studyしよう)という熱い学生の心と、それにまっすぐ応えて真実を教え説こうとする熱い教師の心とが道交相交わう場、ときには火花さえも散らさんばかりに切磋琢磨して「真剣に学び合う場」を指してそう呼んだはずです。

まあそこまでには至らないまでも(笑)、「そわか」では原点に立ち返り、マイルドで気さくな雰囲気を持ち味としながらも、「道場(studio)」本来の“働き”を大切に、臨機応変なレッスン(指導)を心掛けて参ります。あたかも、“上善は水の若(ごと)し”と。
 

「そわか」に込めた“想い”

「そわか」というのは元来、仏典に頻出する言葉の一つで「円満・成就」を意味します。サンスクリット語の「suvaha(スヴァーハ)」という言葉が、漢訳(音写)され「蘇婆訶/薩婆訶(そわか)」となりました。

さまざまなお経に登場するこの「そわか」という言葉には、どこか人を“前向きにする”ような不思議な力があるのです。それはこの言葉が「皆に幸あれ。祝福あれ。」という、仏さまの願い(大慈悲)を表しているからなのかもしれません。
 
ご縁を頂きました皆さんが、
 ますますのご多幸に恵まれますように。

そわか合掌
 
お問い合わせ